スポンサードリンク

2024.6.14ポンド円TOKYO-Summary

本邦10年債利回り低下してのドル買い、円売り

・ゴトウ日実需(輸入)からの円売りや米10年債権利回り上昇からドル買い、円売りで、ドル円は157.43まで、ポンド円は200.87まで上昇。
・一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.27449まで下落。その後、ユーロポンドのユーロ売りポンド買いに転換すると1.2763まで上昇。
・日銀は金融政策決定会合で政策金利の据え置きを決定。国債買い入れの減額について次回開催の政策決定会合で具体的な計画を決めることになった。これを受けて本邦10年債利回り低下してのドル買い、円売りが進みドル円は158.19で、ポンド円は201.61まで上昇。一方でポンドドルはドル円のドル買いの流れに沿って1.2744まで下落となっています。

2024.6.14ポンド円LONDON-Summary

植田日銀総裁の会見を受けて一転、ドル売り、円買い

・日銀の金融政策発表後の買いが継続。ドル円は158.25まで、ポンド円は201.61まで上昇。
・植田日銀総裁が会見で国債買い入れ減額は相応の規模になる。データ次第ではあるものの7月会合での利上げの可能性を示唆すると円買いが加速。更に米10年債権利回り低下からのドル売り・円買いも支援し、ドル円は156.88まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りや仏政局不安から欧州株価指数全面安、そして日米株価先物下落からリスク回避のドル買いが進み、1.2656まで下落。ポンド円は両通貨の下落に連れて198.92まで2円69銭安の大幅下落となっています。

2024.6.14ポンド円NY-Summary

リスク回避の動きは一服しショートカバー

・ダウ平均が下げ渋りから反発した事で欧州時間に強まったリスク回避の動きは一服。ポンドドルは1.2693までショートカバーをすると、ポンド円も連動して199.67まで反発。米国株式相場が下げ渋っていることも相場の支えとなり、1.07ドル台を回復した。
・一方でドル円は動意薄,157.30を挟んで揉み合いとなっています。


スポンサーサイト
知りたいニュースがここにある
Sponsored/朝日新聞デジタル
みたい!をもっと自由に「TELASA]
Sponsored/TELASA
FXトレードを始めるならテクニカル分析
Sponsored/wonderfx
Source: FXトレードを始めるならテクニカル分析

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事